TOP > マツダE&Tについて > 次世代育成支援推進活動

次世代育成支援推進活動

少子高齢化が急速に進む中、男女ともに職業生活と家庭生活を両立できる環境を作ることは、 企業にとってますます重要な課題となっています。
当社は、次世代育成支援対策推進法に基づき、社員全員の仕事と家庭の両立を支援する為に、行動計画を策定し、取り組んでいます。
また、2007年6月には、21世紀職業財団より「男性社員の育児参加促進事業取組事業主」の指定を受け、男性社員の育児参加を可能とする職場づくりに継続的に取り組みを行っています。
その結果、2009年度及び2012年度には、子育て支援のための行動計画への取り組みが評価され、厚生労働省より子育て支援に積極的に取り組む企業として、次世代認定マーク「くるみん」を受けることが出来ました。
くるみん
 

取り組み内容

 
line  
   
・出産・育児に関する各種制度の利用促進及び制度定着に繋がる運用
・男性の育児参加を促進するための社内啓発
・支援制度充実のためのアンケート実施
・職場風土の醸成
・有給休暇取得促進

育児支援制度の拡充及び新たな休暇制度導入に伴う、社内制度の定着、男性の育児参加に対する意識を浸透させる活動を行っています。今後も、社員が仕事と家庭を両立しながら働ける職場環境を充実させ、社員とともに成長する風土づくりを進めて参ります。