TOP > マツダE&Tについて > 沿革

沿革

〜80's
1979年 4月
マツダ(株)子会社、マツダ産業(株)として設立(資本金5千万円)、
自動車組立部品のサブアッセンブリー業務開始
1980年 2月
特装車両の設計・架装・販売開始
1984年 11月
パワートレイン実験業務開始
1987年 4月
車両実験業務開始
90's
1993年 6月
増資(資本金4億5千万円)
1995年 3月
スロープ式車いす移動車 生産開始
1998年 4月
(株)マツダエンジニアリングと合併、
車両設計、パワートレイン設計、CAE解析業務開始 (資本金4億8千万円)
00's
2000年 6月
環境マネジメントシステムISO14001認証取得
2002年 11月
「株式会社 マツダ E&T」に社名変更
2003年 7月
スロープ式車いす移動車 生産累計1万台達成
2004年 5月
アクセラ教習車 生産開始
2005年 12月
品質マネジメントシステム ISO9001(2000年度版)認証取得
2008年 4月
横浜テクニカルセンター開設
5月
美祢事業所開設
2009年 8月
厚生労働省の次世代育成支援法に基づく認定マーク「くるみん」取得
00's
2010年 7月
マツダエース(株)よりユニット工場移管
2011年 3月
スロープ式車いす移動車 生産累計3万台達成
2014年 6月
アクセラ教習車 生産累計1万台達成
2015年 5月
スロープ式車いす移動車 生産累計4万台達成
2017年 4月
三次事業発足30周年