TOP > 事業内容 > 車両系実研

車両系実研

クルマのエキスパートエンジニアとして、検証する。

現在のクルマにとって、安全性や耐久性は、走行性能とともに欠かせないポイントです。そのため、クルマを量産 にかける前には、実際にモノとして創り上げ、衝突テストや性能テストによって、さまざまな基準をクリアしているか否かをチェックする必要があります。
テスト結果でクリアしない時は原因を探り、問題解決の方法を提案していきます。商品として認められる性能に高めることがエキスパートエンジニアの役割と言えます。
■衝突テスト ■性能テスト ■走行耐久テスト ○ユニット耐久○計測(応力/歪み/温度/電磁波など)

事業領域

自動車の車両開発における、衝突安全性をはじめとした商品性・信頼性についての実験研究・評価・開発育成を行います。

業務内容

車両系実研では、以下の実研業務を行っています。
衝突安全性能
操縦安定性、及び操舵機構の信頼性
制動性能、及びブレーキの信頼性
振動・騒音、及び乗り心地性能
ボディー・足まわりの強度・信頼性
ドアーの開閉機能、防水・防塵性能
内外装の性能・居住性・視界視認性、及び信頼性
電子部品のシステム機能・性能・信頼性
実車耐久信頼性、防錆性能
エンジンのエミッション性能
車両開発における実車、及びユニットの実験計画の立案、実施、結果分析、評価まで一連の検証業務を行い、クルマの商品性・信頼性を開発・育成しています。
安全性や環境適合性に対する社会意識の高揚に応えるため、様々な要求性能を達成させ、より安全で環境に優しい高品質なクルマを市場に送り出します。

業務実績

RX-8、プレマシー、ロードスターなど量産車の車両開発や、当社独自開発商品としてデミオi、プレマシーi、AZ-ワゴンiといったスロープ式車いす移動車、デミオe-4WD、ロードスタークーペなどの開発を手掛けました。