TOP > 事業内容 > 車両系設計

車両系設計

やさしさの始まりは、確かな設計から。

私たち設計技術者は、マツダ車開発の一翼を担い、また人々にやさしい福祉車両、地球にやさしい代替燃料車の開発も行っています。やさしさを具現化する原点は、関わる人たちの声にとことん こだわり、そのこだわりの声を形からモノにしていく確かな「設計」をすることなのです。そのための解析、設計モデルの活用等を行うことが安価でやさしい製造工程にもつながっています。
私たちの目指す「設計」はやさしさの探求であり、そのやさしさは、いつの時代にも通用する確かな技術です。
■レイアウト設計 ■構造/機構設計 ■商品設計 ○3Dサーフェス○3Dソリッド

事業領域

自動車のボディーや内外装、シャシーをはじめとする車両系の開発設計、及び技術コンサルティングを行います。

業務内容

車両系設計領域では、以下の開発設計業務を行っています。
プラットフォーム / パッケージの基本レイアウト
ボディーシェル、ドアー・リッド、フューエルタンク
インパネ、トリム、シート、乗員保護装置、空調系等の内装関係、及びカラー開発
バンパー、ラジエーターグリル、スポイラー、ワイパー等の外装関係
サスペンション、操作系等のシャシー関係
制御系、ワイヤーハーネス等の電装関係
設計構想の立案、デザインフィーズ、基本レイアウト、詳細設計、3D-CADデータ作成に至るまでの設計活動。そして解析・試作・実験の手配・調整、関連部門との折衝など、一連の開発業務を行います。
要求される性能や品質、コスト、質量等の目標を達成する設計を行い、製品化を実現させます。
また、開発設計経験で得た技術力をバックボーンとしたコンサルティング業務も行っています。

業務実績

主にマツダ(株)、及び自動車部品メーカーからの新型車開発のための受託業務を行っています。
また、マツダ(株)以外の国内外カーメーカーからの開発業務や技術コンサルティングの依頼にも対応しています。