TOP > 事業内容 > PT系設計

PT系設計

やさしさの始まりは、確かな設計から。

私たち設計技術者は、マツダ車開発の一翼を担い、また人々にやさしい福祉車両、地球にやさしい代替燃料車の開発も行っています。やさしさを具現化する原点は、関わる人たちの声にとことん こだわり、そのこだわりの声を形からモノにしていく確かな「設計」をすることなのです。そのための解析、設計モデルの活用等を行うことが安価でやさしい製造工程にもつながっています。
私たちの目指す「設計」はやさしさの探求であり、そのやさしさは、いつの時代にも通用する確かな技術です。
■レイアウト設計 ■構造/機構設計 ■商品設計 ○3Dサーフェス○3Dソリッド

事業領域

エンジン、ドライブトレイン等のPT(パワートレイン)、及びこれらに関連する部品の開発設計、及び技術コンサルティングを行います。

業務内容

PT系設計領域では、以下の開発設計業務を行っています。
エンジン本体(ガソリン / ディーゼル / 産業用)
エンジンの制御システム
吸気系、排気系システム
冷却系システム
トランスミッション(MT / AT / CVT)、デファレンシャル等のドライブトレイン
ドライブトレインの制御システム
パワートレイン関係の電装品
設計構想の立案、計算解析等の机上検証、3D-CADデータの作成、および、試作・実験・生産・部品メーカーとの折衝調整など商品目標達成のための開発業務を行います。
また、開発設計経験で得た技術力をバックボーンとし、顧客の要望に応じた構想作成や検証活動などのコンサルティング業務も行っています。

業務実績

マツダ(株)からの新型車開発のための受託業務が主流で、当社独自開発商品の開発業務も行っています。
また、Fordや大手自動車部品メーカーからの受託もあり、メーカー開発拠点での駐在業務を行うこともあります。